ウェブサイトのタイ語翻訳が失敗する理由

ウェブサイトのタイ語翻訳が失敗する理由

当社にタイ語SEOやタイ語Google Adsの依頼をいただくものの、タイ語の文章が酷くマーケティング施策どころでははないというクライアントが多くいらっしゃいます。このようなケースでは、まずタイ語をなんとかしないことにはSEOで順位を上昇させることができたとしても、企業イメージを更に下げるお手伝いをするだけのようなものです。

初めてマーケティング施策を検討しているケースだけではなく、酷いタイ語の状態で既に何年もタイ語のマーケティング施策を行ってきており「なかなか効果が出ない」ということで当社へと依頼があることもあります。

多くのケースはタイ語の分からない日本人責任者が担当し、社内のタイ人、または社外の翻訳会社に翻訳を依頼して、タイ語コンテンツを作成するというプロセスとなっています。「タイ語の分からない日本人が担当」と書いたものの「タイ語の分かる日本人担当者」の方が稀ですので気になさる必要は一切ありませんのでご了承ください。

翻訳の元となる文章は日本語である場合もあれば、日本語を一度英語化し、それを元にタイ語を含む様々な言語へと翻訳していくケースもあります。

ウェブサイト上のタイ語に大きな問題を抱えるクライアントにヒアリングを行った結果、問題の発生原因がいくつか類型化できてきましのたで、以下にまとめたいと思います。

翻訳者がウェブサイトを見ながら翻訳していない

日本語でウェブサイトを作成した後、タイ語への翻訳が必要なメニュー、ボタンの中のテキスト等を整理してエクセルやスプレッドシートなどに入れ込みます。そして、その「エクセルファイルのみ」を持って翻訳を依頼し、翻訳者はウェブサイトを確認することなく機械的に翻訳を行って納品となるケースです。

ウェブサイトのどこで使われるものかということを理解した上で翻訳を行わないと、単語や文章を翻訳するだけでは正しいタイ語訳はできません。日本語の場合でもそうですが、一般的にはあまり使われない言葉であるもののウェブサイト上では好んで使われる言葉などもありますので、そのあたりも考慮した翻訳をする必要があります。

一例をあげると、ブログなどのページ送り機能のボタンに対して「次へ」という日本語を採用していても、日本語としては違和感はありません。ただし、これがタイ語になった場合は必ず「次の『ページ』へ」となり、「ページ」というタイ語が必要となります。もし、ウェブサイトを見ながら、機能を説明した上で、「ここにあるボタンに入る言葉がこれ(次へ)だ」と説明を受ければ、一般的なレベルの翻訳者であれば「次のページへ」というタイ語を入れてくれるでしょう。しかし、エクセルで「次へ」という日本語を渡されてタイ語へと翻訳すれば、どれだけ高い翻訳スキルを持つ翻訳者だとしても、出てくるタイ語は「次へ」というタイ語になってしまいます。

このケースにおいては、ウェブサイトを見ながら翻訳作業をしてもらう、またはしっかりとウェブサイト内のどこで使われるタイ語なのかを説明するという方法以外に、翻訳の発注側である日本人側が、日本語を準備する段階で「次へ」のような、分かりにくい日本語になっていないかをしっかり確認することでも問題を軽減することができます。

文章の堅さ、柔らかさの指定をしていない

ビジネス文書の翻訳にはトンマナの指定は不要です。基本的に硬めの文章で正式な言葉を使って書くべきと決まっているからです。ただし、ウェブサイト上の文章はそれこそ表現の堅さ、柔らかさが千差万別です。

ビシっとした誠実な雰囲気を出したい士業のウェブサイトと、ポップでクリエイティブなイメージを喚起させたいデザイン事務所のウェブサイトで使われる日本語が違うように、そのタイ語の文章の硬さも違います。にも関わらず、翻訳時にその指示を行っていないため、固くあるべきところで柔らかい文章が使われたり、その逆のようなタイ語になってしまっていることがあります。

更に、複数の翻訳者が協力してウェブサイトの翻訳をしている際などは、ページによって文章の堅さが違うような状態になってしまっていることもよくあります。思い通りの文章の堅さになっていないのは翻訳発注側の指示不足ですが、ページによって文章の堅さがバラバラのまま納品されるのは明らかに翻訳業者側の責任です。しかし、翻訳業者に責任を押し付けたとしても、その文章が使われる場所はクライアントのサイトですし、イメージが下がってしまうのはクライアント自身です。このあたりは特殊な技能を持たずともタイ人であれば見抜ける問題です。これを見抜けるような体制を社内に持っておくことが必要です。

サイト内のペルソナの性別を指定していない

タイ語は口語の文章であれば、男女で語尾が変わります。男性であれば語尾に「ครับ(カップ)」、女性であれば語尾に「คะ(カ)」が付きます。女性の言葉の方が柔らかい印象を受けるため、タイにあるウェブサイト全体でみると、女性の言葉でウェブサイト内の文章が書かれていることが多いです。一部、プロフェッショナルなイメージを与えるために敢えて男性の言葉で書かれているウェブサイトもあります。

どちらが正しいという答えはありませんが、ウェブサイト内で語尾を統一する必要があります。それにも関わらず、ひとつのサイトの中で、ひどい場合はひとつのページの中で男性形、女性形が混じっているサイトを目にすることもあります。

翻訳依頼者側から男性形、女性形の指定のないまま依頼を受けた翻訳者は自分で判断してどちらかにするか、もしくは語尾をつけなくていいような非常に硬い文章にして納品します。その結果、ウェブサイト内のタイ語の文章が不自然になることになります。

タイ人『通訳』に翻訳させている

クライアント企業にタイ人通訳が在籍しており、タイ人通訳の空いている時間にウェブサイトの翻訳をお願いしているケースがあります。これはタイ語化失敗の大きな原因のひとつです。

まず、通訳に必要なスキルと翻訳に必要なスキルは違います。どちらも「言語能力」は必要ですが、言語能力だけではどちらの仕事もできません。翻訳に関しては国語力(文章力)が必要です。

日本人なら誰でも日本語を流暢に話すことができますが、全ての日本人が綺麗な文章を書けるわけではありません。それと同じ理由で、「日本語の会話能力が高いタイ人(通訳)」に日本語の文章を作ってもらってもタイ語の文章は二流以下となってしまいます。

翻訳者はライターではない

「通訳者」は「翻訳者」ではないということは既に説明しましたが、ここでは「翻訳者」は「ライター」ではないということをお伝えしたいと思います。

海外の有名な作家の本を翻訳するようなレベルの翻訳者(翻訳家)は別として、一般的な翻訳者の仕事は「翻訳」です。成果物としての文章が破綻するのは成果物として認められませんが、それが美しく、キャッチーな文章である必要まではありません。それは「作家」「ライター」と言われる人の仕事です。

普通の文章を翻訳する限りにおいてはあまり問題となりませんが、例えば翻訳対象が会社のスローガンのようなものであれば、一般の翻訳者にはそれをタイ語化するスキルはありません。また。それができないことは翻訳者の責任でもありません。

翻訳者の専門性の問題

この問題は特に製造業などの専門性の高いウェブサイトで見られます。例えば同じ日本人同士で会話をしたとしても、製造業などの専門性の高い内容は通じません。それを「その分野の専門性の無い」翻訳者に一任したとしても、やはり正しいタイ語にはなりません。この場合、必要なのはクライアント企業のタイ人営業の協力です。専門用語を知っているのは営業マンだからです。

また、タイ人は自分の義務である仕事以外を手伝うことを嫌う傾向があるため、タイ人営業にお願いしても協力はなかなか得られないのが一般的です。ここはインセンティブを与える、他の仕事を一時的にしなくていいとする、社長命令で強引に進めるなどの方法で協力を仰ぐ必要があります。

クライアント企業にタイ語を確認できる人材がいない

タイ法人を設立せずに、ウェブサービスやモバイルアプリなどをタイ語化することでタイに進出しようとするケースに多く見られます。翻訳を行ったとしてもそれを確認できる人材もおらず、このケースに解決方法はありません。運良く問題の無い翻訳が行えたとしても、今後もそのレベルをキープすることは難しいです。

クライアント企業側のタイ語を確認する担当者にやる気がない

「やる気がない」と言うものの、先述の通りタイでは自分の仕事以外は手伝わないのが一般的です。特にその従業員が悪いというわけではありません。タイでは転職が当たり前のため、会社に対するロイヤルティも低く、自社のウェブサイトのタイ語が無茶苦茶であることを気にする従業員はほぼ居ないと思ったほうがいいと思います。

日本人責任者の聞き方に問題がある

「何か問題あったら教えてください」という言い方で、タイ人にタイ語の文章を確認してもらうと「特に問題はない」という回答が必ず返ってきます。これは「問題」という言葉の定義によるもので、日本人責任者にとって「誤字脱字があること」は「問題」ですが、タイ人にとっては別にクレームが来るような文章でないし、頑張れば分かるのであれば「問題ない」となるためです。

これは質問方法を変えることで多少問題を軽減されることができます。例えば「このタイ語に誤字脱字はありませんか?」「口語表現が使われているような部分はありませんか?」「読んですぐに伝えたい内容が伝わる文章ですか?」のように聞き方を変えてみるというような方法です。

「全国」という日本語を何と翻訳するのが正解か

「全国に10店舗ある」という日本語は正確には「日本全国に10店舗ある」という翻訳を行わないといけません。ただし、もともとの文章に「日本」という文章はないので、「日本」を追加するべきかどうかは翻訳者の判断となりますが、特別な指示がクライアント側からなければ、追加はしない方が多いと思います。すると、翻訳された「全国に10店舗ある」というタイ語は「タイ全土に10店舗ある」という意味を持つことになり、文章の意味が通じなくなります。

ではどうすることが正解か

途中にも一度書きましたが「クライアント社内のタイ人によるチェック」がこれを防ぐ唯一の手立てとなります。専門性のある業種であれば、タイ人なら誰でも良いというわけではなく、営業または技術担当のタイ人でないとわからないことは多くあります。「わかればいい」レベルのタイ語では駄目だということをしっかりと説明し、意味が通じるかどうかではなく、自然なタイ語かどうかをしっかりと確認する必要があります。なかなか難しいかもしれませんが、社外の人間に確認してもらえる体制があれば非常に心強いと思います。

タイ語でのSEO対策、Google AdWords(リスティング広告)のことなら当社にお任せください。 その他、タイでのマーケティング施策に関する質問もお待ちしております。

お問い合わせ